都市ガス料金について of 十和田ガス株式会社

都市ガス料金のご案内

一般ガス料金(小売供給約款)

    主に一般のご家庭が対象となります。下記の料金表にてご確認いただけます。 ガス小売供給約款(H29年4月1日実施)

選択約款料金

   空調・冷暖房など特別の供給条件により、お客様にご選択いただく料金です。
   (小型空調契約・時間帯B契約・中型空調契約・家庭用温水暖房契約)

都市ガス料金(一般ガス料金)


都市ガス 一般契約料金表 (税抜)
 

区分

一か月の使用量
(㎥) 
基本料金
(ガス漏れ警報器含まない) 
基準単位料金
(円/㎥)
9月調整単位料金※1
(円/㎥) 
10月調整単位料金※1
(円/㎥)
A群 0㎥~25㎥ 720円 230.25円 209.54円
209.89円
B群 26㎥~191㎥ 1,250円 209.73円 189.02円 189.37円
C群  192㎥~ 2,800円 201.65円 180.94円 181.29円
※1 調整単位料金(円/㎥)は、原料費調整制度に基づいて算出されます     ※上記は消費税抜きの価格です


都市ガス料金の算出法

毎月のガス料金(税抜)【早収料金】 = 基本料金 + 従量料金(※) + 消費税
( ※ 従量料金=調整単位料金×ガス使用量 )
LPガス料金と都市ガス料金はそれぞれ内容や算出法が異なります。詳しくは下記の例を参照ください

基本料金

毎月定額でお支払いただく料金です。
(ガスメーターなどの供給設備費用とその工事費用、保安維持費用、検針・集金等の管理費用)

従量料金

都市ガスの使用量に応じてお支払いただく料金です。
(基本料金を除く原材料費、製造費などすべての費用)



   例) 都市ガスを13㎥利用した場合の計算
   基本料金    月13㎥使用したので A郡の基本料金 720円 (税抜)
     従量料金    月13㎥使用したので A郡の調整単位料金 @209.89円×13㎥ (税抜)
    



 小計     (基本料金+従量料金) 3,448円 (税抜)
   消費税   275円
  ご請求金額      (小計に消費税加算した金額をお支払いただきます) 3,723円 (税込)
  備考   都市ガスの基本料金はガス漏れ警報器は含まれておりません
上記はH29年10月ガス料金の例となります
   




早収料金

   検針日の翌日から起算して20日以内にお支払いただく場合の料金です。

遅収料金

   早収料金期間経過後にお支払いいただいた場合は、早収料金に3%乗じた金額翌月の早収料金に加算されます。


その他のガス料金(選択約款 従量料金単価表)

家庭用温水暖房契約

都市ガス 家庭用温水暖房契約 (税抜)

区分

基本料金
(円/月) 
基準単位料金
(円/㎥)
9月調整単位料金※1
(円/㎥) 
10月調整単位料金※1
(円/㎥)
冬期基準※2
単位料金
(11月~4月)
1,500円 124.09円 103.38円
103.73円
その他期基準※3
単位料金 
(5月~10月)
153.38円 132.67円 133.02円
※1 調整単位料金(円/㎥)は、原料費調整制度に基づいて算出されます
※2 冬      期・・・11月検針分~4月検針分 
※3 その他期・・・5月検針分~10月検針分

小型空調契約

都市ガス 小型空調契約 (税抜)

区分

基本料金
(円/月) 
基準単位料金
(円/㎥)
9月調整単位料金※1
(円/㎥) 
10月調整単位料金※1
(円/㎥)
冬期基準※2
単位料金
(12月~3月)
2,200円 165.08円 144.37円
144.72円
その他期基準※3
単位料金 
(4月~11月)
159.46円 138.75円
139.10円
※1 調整単位料金(円/㎥)は、原料費調整制度に基づいて算出されます
※2 冬      期・・・12月検針分~3月検針分 
※3 その他期・・・4月検針分~11月検針分



中型空調契約

都市ガス 中型空調契約 (税抜)

基本料金
(円/月) 

基準単位料金
(円/㎥)
9月調整単位料金※1
(円/㎥) 
10月調整単位料金※1
(円/㎥)

9,750円
 
159.80円 139.09円 139.44円
※1 調整単位料金(円/㎥)は、原料費調整制度に基づいて算出されます



 

時間帯B契約

時間帯B契約につきましては下記へお問合せください。

各種約款

ガス事業法令の改正に伴う制度変更により、各種約款を変更しております。(H29年4月1日)
ガス小売供給約款(H29年4月1日実施)
最終補償供給約款(H29年4月1日実施)
ガス工事約款(H29年4月1日実施)

簡易ガス料金

ガス小売供給約款(井戸頭団地)





簡易ガス 料金表 (税抜)
 

区分

一か月の使用量
(㎥) 
基本料金 基準単位料金
(円/㎥)
9月調整単位料金※1
(円/㎥) 
10月調整単位料金※1
(円/㎥)
A群 0㎥~8.0㎥迄 790.00円 362.08円 393.04円 393.04円
B群 8.1㎥~ 1504.00円  272.78円 303.74円 303.74円
※1 調整単位料金(円/㎥)は、原料費調整制度に基づいて算出されます     ※上記は消費税抜きの価格です


算出法

毎月のガス料金【早収料金】 = 基本料金 + 従量料金(※) +消費税
( ※ 従量料金=調整単位料金×ガス使用量 )

早収料金

   検針日の翌日から起算して20日以内にお支払いただく場合の料金です。

遅収料金

   早収料金期間経過後にお支払いいただいた場合は、早収料金に3%乗じた金額翌月の早収料金に加算されます。


都市ガス
原料費調整制度とは




都市ガスの原料であるLNG(液化天然ガス)やLPG(液化石油ガス)の価格は、為替レートや原油価格などによって変動します。この原料変動価格を迅速にガス料金に反映させる制度が原料費調整制度です。毎月、基準単位料金を調整しています。

【液化天然ガス】
LNG(=Liquefied Natural Gas)

メタン(CH4)を主成分とする気体をマイナス160℃程度まで冷却し、液化したものです。中近東やインドネシアなどの産地で液化され、専用のタンカーで消費地まで輸送されます。日本では、主として発電所の燃料や都市ガスとして利用されていますが、硫黄酸化物やばい塵の排出がほとんどない、クリーンなエネルギーです。

【液化石油ガス】
LPG(=Liquefied Petroleum Gas)

プロパン(C3H8)とブタン(C4H10)を主成分とする炭素と水素の化合物です。LPガスは常温常圧では気体ですが、圧力を加えたり冷却することによって簡単に液体になります。冷却して液化する温度はプロパンで-42℃、ブタンで-0.5℃です。LPガスは、液体にすると気体の時の体積の約250分の1になるという特徴がありますので、液体のまま家庭、商店、LPガス自動車、工場等に運び、気体にして利用します。また、カセットボンベ、ライター、スプレーなどにも、持ち運びに便利な特性が活かされています。現在国内で利用されているLPガスは、輸入LPガス(約4分の3)と国産LPガス(約4分の1)から構成されています。輸入LPガスは、サウジアラビアをはじめとした中東地域やその他の地域において、原油や天然ガスに随伴して生産されます。また、国産LPガスは国内で石油を精製して製品化されます。LNG(液化天然ガス)と同じくクリーンなエネルギーです。(出典:日本LPガス協会)

検針について



ガスメーターの検針について

  • 検針は、お客様のガス料金を算定するため毎月1回お客様のご自宅を訪問し、ガスメーターの指針を確認させていただきます
  • 検針時には、お客様のガスメーター設置場所に入らせていただき確認作業を行いますので、予めご了承願います

検針時期のご案内

  • 検針は、供給区域を効率的に検針できるよう検針区域を分け、十和田ガスがあらかじめ定めた予定にもとづいて検針員がお客さまのお宅にお伺いして行います。毎月中頃(毎月16日~20日頃)にお伺いいたします。翌月の検針予定日が検針票でお知らせしておりますのでご確認ください。


ガス料金・契約に関するお申込み・お問合せ先
十和田ガス㈱ TEL 0176-23-3591
(フリーダイヤル 0120-23-3592)
当社へご連絡頂ければ、後日ご説明にお伺い致します。