給湯器の凍結について of 十和田ガス株式会社

ガス給湯器及び給水配管の凍結にご注意ください


冬はガス給湯器や配管内の水が凍結しお湯が出なくなることがあります。
厳しい冷え込みが予想される場合は、
ご使用の器具取扱説明書をご覧になり、凍結予防対策を行うことをおすすめします。

凍結を予防するために

ご使用の給湯器の取扱説明書にて
必ずご確認ください



メーカー別 給湯器の凍結予防策

ガス給湯器本体の凍結防止策

ポイント1 通水による方法

  • 冷え込みが厳しい場合は、給水および給湯配管や給水元栓の凍結を防ぐため、以下の通水の処置をしてください。機器だけでなく、給水・給湯配管、給水元栓なども同時に凍結予防ができます。

   ①リモコンの運転スイッチを「切」にする。
   ②ガス給湯器のガス栓を閉める。
   ③給湯栓を開いて少量の水(1分間に約400㏄…太さ約4㎜)を流したままにしておく。

ポイント2 凍結予防ヒーターによる方法

  • 給湯器内の凍結予防ヒーターが、凍結の危険がある気温近くになりますと自動的に作動します。電源プラグを抜くと作動しないため、電源プラグは抜かないでください。


ポイント3 水抜きによる方法

  • 凍結予防をしても、厳冬期には完全に凍結を防ぐことができない場合があります。大寒波が予想されている夜は、ガス給湯器や給湯配管が凍結しないように水抜き作業を行ってください。

   ※水抜き方法は、器具取扱説明書をご覧ください※

給水管の凍結防止策

  • 給水管が凍結してしまうと、ガス給湯器本体に異常がない場合であっても、ご使用できなくなることがあります。特に給水元栓や給水管の露出部に保湿材の巻かれていない場所があると凍結しやすくなりますので、ご注意ください。

凍結してしまったら

気温の上昇により自然に解凍するまで待つことをおすすめします。


凍結によりガス機器が破損したときの修理は、有料修理となります。